男の人

区分マンションを投資するコツ|ポイントをしっかり押さえよう

保証会社への請求が必要

つみきと紙幣

報告に基づく保証

不動産経営を行っていると借り手から家賃の納入がないという経験をすることがあります。その状況になっても家賃を手に入れられるようにするのが家賃債務保証の基本であり、保証会社と契約することによって成立します。家賃債務保証にはいくつかの形式がありますが、自分で賃貸管理を行っているときに利用するときには基本的には報告に基づく保証に加入することになるでしょう。家賃債務保証の契約をすると、家賃の納入がないときに保証会社にその家賃に相当する金額を立て替えて払ってもらい、家賃の催促を保証会社に任せることができます。ただし、放っておけば自動的に立て替えて納入してもらえるのではなく、契約で定められた日にちまでに報告しなければ保証を受けられません。保証会社で一貫した日にちに定められている場合もあれば、家賃の納入日から計算する場合もあるので注意しましょう。その日までに納入がなかった場合にはメールや電話、申請書類の郵送などの指定されている方法で保証を求めなければならないという形になっています。家賃債務保証があれば保証の請求を忘れない限りは家賃を確実に収入として手に入れることができ、家賃の催促もする必要がありません。不動産経営をする上では強い味方になりますが、報告しなければならないことは念頭に置いて利用することが大切です。毎月一定の日にちに家賃の納入を確認する習慣を作ることが家賃債務保証を活用する上で重要になります。