男の人

区分マンションを投資するコツ|ポイントをしっかり押さえよう

契約前に確かめたいこと

家の模型とお金

経営状況や免責期間

サブリースは長い間大切な不動産管理を任せることになるので、管理会社選びが何より大切になります。サブリース契約期間は長いものだと30年間になります。そこでまず選ぶポイントにしたいのが、管理会社の経営基盤がしっかりしているかどうかです。契約の途中で会社の業績が傾いた場合には新たに管理会社を見つけて契約を結びなおさなくてはいけなくなるため、最初から経営の状態や財務状況なども調べて選んだ方が良いでしょう。賃貸経営を行うならなるべく収益をあげたいと誰もが思います。その為サブリース会社と契約する場合には保証家賃が高いところを選びがちですが、高い保証家賃を提示されても周辺の家賃に比べて高すぎる場合にはその管理会社を選ぶのはやめた方が良いでしょう。相場よりも高くても入居者が集まる確かな理由があるのなら良いのですが、そうでない場合には入居者が集まらない可能性の方が高くなります。そうすると契約更新時に保証家賃を引き下げなくてはいけなくなります。保証家賃を提示された時に自分でも周辺の家賃相場を調べておくことが大切です。次に確認しておきたいのが免責期間です。サブリースは空き室があっても家賃が保証されるのが魅力ですが、免責期間の間は管理会社が家賃を保証しなくても良いことになっています。つまり免責期間が長い管理会社と契約するとそれだけ家賃収入が減ってしまう可能性があるということです。免責期間は30日〜90日間のところが多いのですが、中には180日間というところもあるので注意が必要です。